メルラインの副作用実験隊 | 人気のニキビケア商品の効果などを徹底調査

OMG151007278990_TP_V

ニキビが出来ると、油分はつけたくないと乳液などを避けがちになります。
でも、そのニキビケアは全く逆効果です。

ニキビの原因の1つとして、乾燥も考えられます。
乾燥した肌は、角質が古くなり、上手くターンオーバーが出来なくなります。
すると、毛穴にどんどん皮脂が溜まってしまい、ニキビが出来てしまうという事になってしまいます。

また、肌が乾燥する事で、肌は水分や油分が足りないと認識して、肌に不必要な皮脂を出してしまいます。この不必要な皮脂もニキビの原因となります。

ですから、ニキビケアとしてしっかりと保湿対策をして、肌の水分と油分の量を保ってあげることが大切です。また、化粧水を選ぶ時にニキビ肌の人はさっぱりタイプを選びがちになります。もし、乾燥肌で思い当たる人は、しっとりタイプで保湿してください。

おすすめ:リプロスキン薬局

ニキビケアに油分は大敵と思いがちですが、その思い違いこそ、ニキビから抜け出せなくなる原因となっているのです。

ニキビケアの保湿をしたら、あとは必要以上にメークをしたり、ニキビをいじったりしない事が改善の近道です。

油分は大切と言いましたが、メーク用品に含まれる油分は、肌にダメージを与えるものばかりと言えます。

出来るだけ、治るまではメークをしない事をおすすめします。
乾燥を治して、あなたもニキビ知らずのキレイな肌です。